画像認識ソフト「Vision AI」 | 画像認識AI専門のITシステム開発会社 キュレコ株式会社
画像認識AIが、物体の種類を瞬時に識別!画像認識ソフト「Vision AI」

画像認識ソフト「Vision AI」とは

「Vision AI」は、人工知能(AI)で物体の種類を瞬時に自動識別するソフトウェア製品です。

物体の色・柄・形といった外観的な特徴を人工知能が捉え、物体の種類を識別します。

専用PCにカメラを接続し、リアルタイムに識別する運用が可能です。処理時間は1回あたり約0.5秒と高速。外観で見分けられるものであれば、様々な物体に対応可能です。

例えば、工場や倉庫のような大量の仕分け作業を必要とする現場等に導入いただけます。
ベルトコンベア装置上に組み込むことで、仕分け作業を無人化する用途に活用できます。

「Vision AI」の活用事例

製造業(FA)

コンベアを流れる物体状態の判定、不良検知をすることで、仕分け作業の自動化を実現。

建設業

部材の外観を画像認識させることで、簡単に部材判別ができる仕組みを実現。

小売業

店頭デジタルサイネージ端末で、商品を画像認識し、商品の魅力PRを実現。

農業

収穫物を画像認識させることで、品種や状態による自動仕分けを実現。

自治体

野外カメラで撮影された写真を画像認識させることで、鳥獣出現品の等の分析調査を実現。

「Vision AI」のソフトウェア構成

Vision AIは、下記2つのソフトウェアで構成されます。

学習用ソフトウェア 「Vision AI for Learning」
AIモデルの生成および評価を行うソフトウェアです。ワークステーションPCにインストールします。
推論用ソフトウェア 「Vision AI for Prediction」
カメラ江撮影された画像を瞬時に分析し、識別結果を出力するソフトウェアです。エッジPCにインストールします。

ハードウェア要件

Vision AI for Learning
(ワークステーションで動作)
Vision AI for Prediction
(エッジPCで動作)
CPUIntel Core i9以上Intel Core i7以上
GPUNVIDIA GPU
10GB以上のGPUメモリ
(Quadro RTX 5000, RTX 3080 等)
NVIDIA GPU
5GB以上のGPUメモリ
(Quadro RTX 4000, RTX 3060 Ti 等)
RAM32GB以上16GB以上
ストレージ1TB以上のSSD空き容量
PCI Express Gen接続で高速なNVMe SSD
100GB以上のSSD空き容量
OSWindows 10 64-bitWindows 10 64-bit

動作確認済みのワークステーションも提供しております。詳細は下記ページ(アプライド様)をご参照ください。

小型で省電力なエッジPCをお求めの方へ

Vision AI for IoT

当社オリジナルのエッジデバイスをご利用ください。

手のひらサイズの小型デバイスです。

Vision AI for Predictionがインストール済みですので設置するだけで動作可能です。

詳細はコチラをご参照ください。

料金体系

ライセンス価格
基本ライセンス
(学習用ソフトウェア 1台、推論用ソフトウェア 1台)
(月額)10万円
(年額)100万円
追加ライセンス
(推論用ソフトウェア 1台)
(月額)2万円
(年額)20万円

導入ご検討のお客様へ

Vision AIを使用したサンプルデモをご用意させていただきます。

識別させたい画像のサンプルを弊社にお送りいただければ、お預かりしたサンプルからAIモデルを生成・評価いたします。

物体の種類ごとにフォルダ分けされた画像ファイルをご用意いただくだけで結構です。
1種類あたり100枚以上あると、より正確な評価が可能です。(画像枚数が少ない場合でも評価は可能です)

■ Vision AI リーフレット (PDF)

https://share.cureco.co.jp/profiles/visionai_leaflet.pdf

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせは、下記のフォームよりご連絡ください。
当社は画像認識のエキスパートです。お困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。