料金のご案内 | 画像認識AI専門のITシステム開発会社 キュレコ株式会社

システム開発の料金

料金については、トータルの開発工数によって変わってきますが、お客様に安心していただけるサービスを提供することを目指し、価格体系をできるだけ明瞭にしています。

個別案件についてはご相談承りますので、お気軽にお問い合わせください。

基本的な見積方法

基本的には開発の規模に比例し、下記のような工数ベースでのお見積りとなります。

工数 × 単価 = 開発費用

パッケージソフトのライセンスや、情報端末やネットワーク機器といった設備などについては、別途費用が発生いたします。

目的に応じた工数算出

システム要件が明確な場合(一般的なシステム開発案件)

システム要件が明確で工数のお見積りが可能な案件の場合、ウォーターフォール型での進め方をご提案しております。

この進め方では、まずお客様からヒアリングを行った上で、システム開発にかかる工数を算出し、費用をお見積りいたします。

事前に見積金額が明確になるため、お客様にとっては全体の費用感がつかみやすいという特徴があります。

waterflow.jpg

システム要件が定まっていない場合(研究開発案件)

システム要件が定まっていない案件の場合、下記のような「アジャイル型」での進め方をご提案しております。

アジャイル型開発では、お客様に確認いただきながら開発を進め、プロトタイプ等を開発しながら評価を行い、細かい改善を繰り返しながらシステムを理想的なものに近づけていきます。

この手法はある程度の長い期間をかけておこなう研究開発新規事業開発に向いています。前述のウォーターフロー開発では、要件が変わると工数も変わってくるため再見積りが発生してしまうため、仕様変更が頻繁に発生するプロジェクトには向いていません。このアジャイル型では予算をプールした形で開発を進めますので、臨機応変な軌道修正が容易になります。

一方で、デメリットとしては、事前にトータル金額が見えにくくなることが挙げられます。またこの開発手法は、ある程度長期的に進める前提のプロジェクトではとてもうまく回るのですが、初回のお客様などは、いきなり長期的なプランを立てにくいという実情もありますので、すべてのお客様におすすめするわけではありません。

実際には、ウォーターフロー型とアジャイル型を混在させるケースが当社の場合は多いです。当社では年度毎の目標とご予算に合わせてマイルストーンを設定し(だいたい3ヶ月毎)、その時々で発生するお客様のご要望に合わせて臨機応変に対応させていただくケースが主流です。

agile.jpg

大まかな費用感について

開発内容や納期により、全体の費用は変わってまいります。当社でいただく平均的な案件をベースに大まかな費用感を記載いたしますと、

研究開発案件の場合、初期開発(事前評価やプロトタイプ開発など)としては100万円〜150万円程度の範囲で、を行うことが多いです。

その後、お客様のマイルストーンごとに作業をお見積りし、ご発注いただく形にしております。

できるだけ年度毎の予算で最大の効果を発揮できるご提案をさせていただいております。

納期について

当社のお客様のほとんどが大手法人のため、どうしても各期末(7〜9月や1〜2月)は繁忙期となります。

(発注確定前であっても)早いタイミングでご相談いただけますと優先的に調整いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

値段に含まれるもの

料金には下記費用が含まれています。

  • ヒアリング費用
  • お見積り作業費
  • システムの設計費用
  • 開発作業費用
  • 納品後1年間の瑕疵対応

当社では、仕様変更がなければ追加費用をいただくことはありませんので、ご安心ください。